私自身、1分足を用いてトレードをしていますが、1分足は超短期的なトレードのためだけに使うものとお考えの方が多いように思います。

昨日のトレードです。ポンドドルです。

白〇のあたりでショートエントリーしました。シグナルで入りそびれたので、少し上がる動きを見せたところで入っています。
決済は黄色〇あたりです。
(これは私自身のトレードルールであり、SIGNARIDE FXの手法ではありません)

なぜ白〇のところで入ったのかという理由ですが、単純にレジサポ転換狙いです。損切りはレジサポ転換になるラインの少し外側です。ラインは引いてませんが。
もちろんのことですが、1分足よりも上位の時間軸のチャートがダウントレンドであったというのが前提です。(5分足のことを指しているのではありません)

こういったところで入れるのは、1分足を見ているからこそできることだと思います。5分足でもタイミングを取るには遅いです。

1分足を見ずに、5分足や15分足でタイミングを見てトレードをすることはもちろんできます。そうしないのは、タイミング的に遅れるからです。

今回のトレードでは、レジサポ転換を狙ってトレードしました。
このレジサポ転換は、5分足、あるいは15分足でも確認できるものです。

しかし、それらのチャートで例えばローソク足陰線確定後にエントリーするなどしていたら、負けた時の損失は大きくなりますし、勝った時の利益も少なくなります。(私はローソク足は見ないので例えばの話です)
15分足でタイミングを取っていたとしたら、入るタイミングが見つけられずに、ただ下がっていくのを見ているだけかもしれません。

こういった理由から、私は1分足なしのトレードは考えられません。
1分足を利用した方がリスクリワード的に有利だからです。

1分足の利用を勧めるわけでは決してありませんが、1分足を見てトレードする利点はあるということをお伝えしたかったので記事にしました。

ちなみに、決済したポイントは意識されていると思われる安値付近の少し手前です。
底付近での決済となりその後は反発していますが、もちろん狙ってそうなったわけではなくたまたまです。安値を抜けていればさらに下がる可能性もあった場面でした。